英語を流暢に話せているか人に聞いてもらおう!

ビジネス英語は実践力が大切

外資系企業の場合、日本にあるオフィスでも社内公用語が英語の企業が多くあります。このような企業で働くと、上司や同僚にもネイティブの社員が多いので、ビジネス英語の能力はとても重要です。
ビジネスで使う英語は実践力がないと通用しません。単語や言い回しの知識があるだけでは意味がないのです。それを実際に使ってスピーキングやリスニング、ビジネスメールやプレゼンテーションなど、あらゆるシチュエーションで使いこなさなければなりません。したがって、英語力を鍛え続けることは入社してからも続けるべき必須トレーニングです。ビジネス英語も英会話と同じで、使わなければ使わないだけコツがぬけていきますし、使えば使うだけ慣れてきます。日々の鍛錬を怠らないようにして下さい。

ネイティブスピーカーと会話すると効果的

実用的なビジネス英語を上達させるために効果的な方法は、実際にネイティブスピーカーとコミュニケーションをとる方法です。自分の英語を聞いてもらい、どのアクセントが訛っているのか、どの言い回しが流暢に言えているのかを確認してもらうことをオススメします。
ネイティブスピーカーの友人がいない場合は、英会話スクールやアイリッシュバーを利用するのも効果的です。日本人相手でも構いませんが、その場合はネイティブ並みの英語力がある方にお願いして下さい。そしてそれを繰り返すことが重要になります。
このようなポイントが、外資系で働く方やこれから英語を使って働く方に効果的なポイントです。ビジネス英語のスキルアップのためにも積極的にチャレンジしてみて下さい。

外資系の求人では年俸制で給与が支払われることが多く、日系企業ではあまり見られない特徴となっています。実力が賃金に反映されるため、高いモチベーションで仕事に取り組めます。

© Copyright Offer Membership. All Rights Reserved.