自分がどんな仕事に向いているか分析しよう!

外資系企業の面接で聞かれること

就職や転職では自己分析が基本です。改めて、自分の長所や短所を見つめ直します。主観的に一人で考えるだけでなく、周りの人から自分がどのようなタイプの人間なのかを聞くことも大切です。
外資系企業の面接では、自分のスキルが職場でどのように発揮されるのか、採用するメリットは何なのかを聞かれます。同じような質問は日系企業でも聞かれますが、外資系では特にストレートです。他にも優秀な志望者がいる中で自分を雇う意味は何があるのかと聞かれます。単刀直入な質問で動揺するかもしれませんが、自己分析の結果を伝えればよいのです。これまでに長所が活きた経験があるはずです。どのように考え、どう行動したかを伝えましょう。短所も言い換えればポジティブに伝えることもできます。

外資系ならではの特徴に合わせよう

日系の企業では、年功序列に評価されたり、若手の職員に対して手厚い研修が行われたりと、独特の文化があります。一方で外資系企業は、入った年次には関係なく、仕事の結果で評価されます。若手でも中堅でも結果が出なければ評価は公平に下されます。不安な要素に見えるかもしれませんが、もちろんポジティブな点もあります。例えば、効果があると判断されれば若手の提案であってもチャレンジさせてもらえる風潮があります。
このような雰囲気の職場において、自分の能力が十分発揮できることをアピールするのも一つの方法です。業務経験を絡めて話せば、採用したときのイメージが伝わりやすいので効果的です。自ら発案し周りを巻き込んで大きなことをなし得たエピソードを語ってみましょう。

© Copyright Offer Membership. All Rights Reserved.